バルセロナで救急車を呼ぶには

緊急事態が発生して救急車を呼びたいという場合には、ふたつの方法があります。ひとつは公立救急車サービスを呼び出すことで、もうひとつは私立救急車サービスを依頼する方法です。どちらにもメリットとデメリットが発生します。

 

公立救急車 SEM】 電話番号:112  または  061 (無料、または400€ ~)

市内ではよく見かける黄色い救急車です。基本的に、現地で納税している住民を対象にしており、電話をかけてオペレーターに事情を話し、来てほしい場所を説明します。

 

スタッフはまず、患者さんの応急処置をして搬送の準備をしますが、搬送先を決める際に、患者さんの加盟保険会社を問い合わせてきます。

 

保険会社が現地の会社(CatSalut、AXA、DKV、Sanitas、など)である場合は、それらの保険会社とキャッシュレス提携のある病院に連絡を取り、搬送先が決定します。

 

保険会社のカードを持っていない患者さんや外資系医療保険に加盟の患者さんは、市内の公立病院に搬送することが義務付けられていますので、Hospital Clínic、Valle d’Hebron、Hospital Mar、あるいは公立サービスを兼ねる私立病院の San Juan de Deu、Hospital Plató、などへ搬送されます。

 

SEMの利用料は最低料金でも 400ユーロになりますので、自己負担される方はご注意ください。

 

 

私立救急車 -緊急性が低い搬送80€ ~

至急搬送というより、タクシーでは移動が難しい患者さんの搬送用として機能しているのが私立救急車サービスです

 

電話をかけ、事情を話して患者さんのいらっしゃる場所まで来てもらうのは公立と同じですが、公立サービスほど詳しい情報は必要としません。駆けつけるスタッフに英語を話せる人は少ないのですが、公立、私立の別を問わず、どの病院でもご希望の病院へ搬送してくれます。日系医療保険会社とのキャッシュレス契約がある救急車もあります。

私立の救急車は他にもいろいろあります。まず「ambulancias barcelona」で検索すると市内の私立救急車会社のリストがヒットしますので会社を選び、連絡することから始めます。残念ながらあまり英語が通じないので、ご要望いただけたらお手伝いいたします。

公立、私立どちらの救急車のご手配においても、必要がありましたらいつでもお電話ください。(+34) 600.70.2828

私立救急車の搬送料は、車内での処置によりますが、最低料金は市内搬送で80ユーロ程度です。この料金は搬送される前に支払う必要がありますので、この点をご留意ください。お支払は日系医療保険会社のキャッシュレスも可能ですが、これを可能にするためには書類の手続きに30分ほどかかることがありますので、緊急搬送の場合はいったんお立替になる方がスムーズです。

医療通訳 日本語⇔スペイン語 / Intérprete Español-Japonés: especialidad en medicina

バルセロナ 医療通訳 下山由紀子​
TEL: +34-600-70-2828

電話対応時間   8:00 - 21:00 (緊急な場合のみ深夜も受け付けています)
毎週日曜11時から13時は留守番電話にメッセージを残してください

© 2014- Medical Interpreter  医療通訳 下山由紀子