肺炎球菌ワクチン
(プレベナー)
HIB ワクチン

ワクチンの代表的なものとして「生ワクチン」と「不活化ワクチン」及び「トキソイド」があります。 生ワクチンは、病原体は生きているが、病原体のウイル スや細菌が持っている病原性を弱めたものです。これを予防接種すると、その病気に自然にかかった状態とほぼ同じ免疫力がつきます。病原性を弱くしたウイル スや細菌が身体の中で徐々に増えるので、接種後1~3週間に自然に罹患したのと同じような軽い症状が出ることがあります。代表的なワクチンとしては、 MR(麻しん風しん混合)、麻しん(はしか)、風しん、おたふくかぜ、水痘(みずほうそう)、BCG(結核)などのワクチンがあります。

不活化ワクチンは、病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使います。生ワクチンに比べて免疫力が弱いので、何回かに分けて接種します。代表的なワクチ ンとしては、DPT-IPV四種混合(D:ジフテリア・P:百日せき・T:破傷風・IPV:不活化ポリオ)、DPT三種混合(D:ジフテリア・P:百日せ き・T:破傷風)、DT二種混合(D:ジフテリア・T:破傷風)、日本脳炎、インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、不活化ポリオなどのワクチン があります。

トキソイドは、細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出し、免疫を作る能力は持っているが毒性は無いようにしたものです。不活化ワクチンとして分類されることもあります。ジフテリア、破傷風のワクチンは、トキソイドです。
 (一般社団法人 日本ワクチン産業協会 から引用)

最近、日本でもHibワクチンの予防接種がはじめられたようですが、この予防接種を受けた直後に亡 くなられたお子さんがおられるということで、こちらでのHibワクチン接種を不安に感じられる声が聞かれます。

 

そこでこちらのHibワクチン(こちらでは DTPと Hib、ポリオ、B型肝炎が1本になっているインファンリックスが普通なので、Hibのみの独立ワクチンはありません)の製造業者を問い合わせたところ、 日本のHibと同じラボラトリーが製造していました。ただし、こちらではHibワクチンを打って長年になりますが、そのような副作用があった記録がないと いうことで、次のような示唆を小児科医より受けました。

「以前、ワクチンはCelular(細胞ワクチン)だったのですが、2004年から Acelular(無細胞)ワクチンに変わりました。Acelularの方がCelularより弱いので回数が増えていますが、Acelularの方が副 作用が少ないのです。

 

なお、Hibワクチンはかなり以前からDTP(日本の三種混合ワクチン)に混ぜられており、ポリオも筋肉注射になってから一緒になっ て5種混合ワクチンでしたが、今はこれにB型肝炎も含まれた6種混合になっています。このワクチン接種で命にかかわる症状が出たという報告は今のところ聞 いていません。」Hospital de Nens (小児専門総合病院) 小児科医、Dra. Lloberas

日本でも最近接種が始まったプレベナーは肺炎球菌といい、幼少時は髄膜炎を引き起こす球菌です。このワクチンは、去年までは肺炎球菌7種に対するワクチン でしたが、2011年からは肺炎球菌13種に対するワクチンに更新されています。

 

母子手帳のPrevenar接種欄にあるLot No.のところにPrevenar 7という銘柄が書かれてある方は、ご希望によりPrevenar 13の接種を受けることができますので、ご担当の小児科医にお問い合わせください。

 

日本では実施されていない予防注射(MCC:C型メニンゴ球菌、A型肝炎)などにつきましては、Prevenar以外はカタ ルーニャ州が義務付けているものですから小児科医は接種を勧めます。

 

義務ではあっても強制ではないので拒否することはできますが、欧米の大学を含む現地校 に入学する可能性のあるお子さんの場合は、入学手続き時にこれらの予防接種を必要としますので、ご一考ください。

ワクチンについて

医療通訳 日本語⇔スペイン語 / Intérprete Español-Japonés: especialidad en medicina

バルセロナ 医療通訳 下山由紀子​
TEL: +34-600-70-2828

電話対応時間   8:00 - 21:00 (緊急な場合のみ深夜も受け付けています)
毎週日曜11時から13時は留守番電話にメッセージを残してください

© 2014- Medical Interpreter  医療通訳 下山由紀子