往診サービス

スペインでは往診サービスが普及していますが、このサービスは国民健康保険またはMutuaが手配するため、往診サービスを受けるためには医療保険に加盟していることが条件となります(*)

​(*) 2019年秋より、実費で往診を実施してくださる医師をこちらからご紹介できるようになりました。お子様がいらっしゃるため、親御さんが具合悪くても病院に行けない、どうしても外出する力がないなど、お困りの際はぜひご相談ください。

 

日系医療保険に加盟されていらっしゃる方も、保険会社を通して往診医をご依頼になると、基本的にキャッシュレス(実費不要)で診察を受けることができます。

 

現地の医療保険に加盟されていらっしゃる患者さんは、往診の必要を感じられたら保険会社に電話をして医師の派遣を依頼します。医療費はかかりません。このご依頼の電話もお手伝いすることができますが、この場合は加盟されている医療保険会社の名前と保険カードの番号、そして患者さんの症状とご住所を私にご開示いただかなければならないので、合法的に情報をいただくために私からまずフォーマットをお送りします。ご協力ください。

通訳をご依頼いただければ私もお宅に向かいますが、道路事情や駐車がスムーズにできるか否かで医師の到着時刻が大幅に遅れることがありますので、この場合は私 がお宅に到着した時刻から通訳料を計算させていただきますのでご了承ください。

 

突然の往診医のご手配があり、急きょ通訳者が必要となった場合で、こちらから駆けつけるための十分な時間がない時は、電話口での通訳を実施いたします。このサービスの料金は、通常ご利用いただいている医療通訳料金の半額になります。お支払いは、請求書をこちらからお送りして銀行送金していただくことになります。

 

往診医はお宅で患者さんの診察を実施するため、レントゲンや血液検査、エコグラフィー検査といった検査ができません。そのために誤診がときどき生じることもありますし、医師から「病院に行って検査をしてください」と指示され、結局外出していただくこともありますのでご留意ください。

 

ご加盟の医療保険から往診医が派遣されない場合や、加盟保険がない場合は、こちらから個人払いで往診してくださるドクターを派遣できる可能性がありますので、その場合もご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※ なお、往診サービスを依頼した患者さんの診察が終わったあと、ついでに 別の家族もついでに診察していただくということは滅多にできませんのでご遠慮ください。(実費の場合は可能になることもあります)

 

医療通訳 日本語⇔スペイン語 / Intérprete Español-Japonés: especialidad en medicina

バルセロナ 医療通訳 下山由紀子​
TEL: +34-600-70-2828

電話対応時間   8:00 - 21:00 (緊急な場合のみ深夜も受け付けています)
毎週日曜11時から13時は留守番電話にメッセージを残してください

© 2014- Medical Interpreter  医療通訳 下山由紀子