外の医療レベルは大変気になるところとお察ししますが、スペインの医療レベルは眼科、婦人科、内臓移植、脳外科といった分野では傑出しており、日本からも医師が研修に来られるほど優秀ですし、医療スタッフも非常に親切ですのでご安心ください。

 

その他の全ての分野においても、患者の心理サポートを念頭に置いた親身な医療サービスが提供されています。入院が必要となった場合でも病室はホテル並みの個室か、広々としたスペースが確保された共同病室になり、ケー スによっては付き添いの方の宿泊費も医療保険でカバーされますのでご安心ください。

ホームドクター制

 

スペインが日本の医療体制と大きく違うところはホームドクター制です。子供の検診や大人が少し具合を悪くした場合、この国では“いつも診てもらっている”ドクターにまず予約を入れます。15歳までは小児科医、大人は内科医(一般医)になります。

 

医師の予約は毎日各医師が定めた時間内に、病気の患者を健診依頼に優先して予約されます。予約なしで飛びこむことはあまりできません。もし具合が悪くて予約を入れたくても、あいにくその日の予約がすでにいっぱいの場合には、病院の24時間緊急外来受付に向かいます。

緊急外来について

 

緊急外来には普通、内科医と小児科医、そして整形外科医(病院によっては他の専門医も)が待機して いますので、当直医に応急処置をしてもらいます。この処置を受けたあと、ホームドクター(主治医)に経過を観察してもらい完治するまで通院するのです。

 

緊 急外来は応急処置のみを目的としていますので、経過観察を依頼することはできませんし、慢性の病気を持つ方が毎回応急処置のみを受診する目的で緊急外来に かかることもお勧めできません。

 

幼児、小児と慢性病を持つ方、またはよく病気にかかる方は主治医を決められることをお勧めします。

スペインの医療システム

医療通訳 日本語⇔スペイン語 / Intérprete Español-Japonés: especialidad en medicina

バルセロナ 医療通訳 下山由紀子​
TEL: +34-600-70-2828

電話対応時間   8:00 - 21:00 (緊急な場合のみ深夜も受け付けています)
毎週日曜11時から13時は留守番電話にメッセージを残してください

© 2014- Medical Interpreter  医療通訳 下山由紀子