私立病院 (Privado)
公立病院 (Público)

スペインの病院は大別して公立病院と私立病院に分けられます。どちらでも医療サービスの質には変わりありませんが、公立病院の方が対象とする患者の数が多いため、検査や手術などの実施までにしばらく待たされるケースがあります。

公 立病院の医療費は現地の国民健康保険組合(Seguridad Social)が払い、私立病院でかかる医療費は私立医療保険会社(カタルーニャではMutuaと呼ばれます)が支払うシステムになっています。私立医療 保険会社に加盟していない方が私立病院にかかった場合の医療費は自己負担になります。

国民健康保険は、スペイン以外の国の機関に勤める公務員と旅行者以外の殆ど全ての住民が義務として加盟している筈ですので、勤務先から受領できる保険証 (カード)さえあれば公立病院の医療を無料で受けることができます。外来、治療、入院、手術、分娩、検査、どの分野に於いても費用を徴収されることはまず ありません。

ただし公立の病院はホームドクター制が徹底していますので、医師にかかる場合は総合病院や専門医へ直行することはできず、まず地域の公立診療 所(CAP)の担当医に予約を入れ、訪問して治療を受けるか、その担当医に紹介された専門医にかかることになります。

小児科も同じ要領です。子供の予防接 種は、接種が義務付けられているワクチンに関してCAPでは全て無料です。公立病院にある緊急外来センターは、年中無休で24時間受付しています。

私立病院や私立の開業医は、基本的にこれらの医師と契約がある私立医療保険会社(Mutua)に加 盟している患者を対象にしています。もちろん加盟していない患者も同じか、より良質なサービスを受けることができますが、医療費や検査料、入院費などはすべて自己負担になります。

私立病院 でもホームドクター制はありますが、公立と違ってホームドクターを通さなくても専門医を直接予約することが可能です。また、検査結果も全て患者に返還され ますので、途中で医師を変更することをお客様が希望する場合でも、全ての検査結果を持って変更する限り再検査は必要とされません。

なお子供の予防接種に関し ては、州政府によって義務づけられているワクチンでも実費で支払うケースが多いです。

私立病院も急患受付は年中無休、24時間受け付けられます。

公立病院と私立病院

医療通訳 日本語⇔スペイン語 / Intérprete Español-Japonés: especialidad en medicina

バルセロナ 医療通訳 下山由紀子​
TEL: +34-600-70-2828

電話対応時間   8:00 - 21:00 (緊急な場合のみ深夜も受け付けています)
毎週日曜11時から13時は留守番電話にメッセージを残してください

© 2014- Medical Interpreter  医療通訳 下山由紀子